7月 5日(日)   曇り 


ある作家が新聞のコラムに書いていた。首すじや肩こりでマッサージを受けた時、理化学療法士が「…東洋医学では哀しみや寂しさは肋骨の奥に溜まると云われます」と云ったそうだ。私の指先のしびれは何が溜まっているのだろう? コロナのせいで会いたい人にも会えないもどかしさか。来月後半に手首に入っている金具を取り外すことに決めました。立ち止まっていてもしかたない、前に進まないとね。     [5558]

7月 4日(土)
感染者が増えるのは早いですね。この数字に7月から再開しようとしていたサークルもまた中止となりました。 マスクもするし、繁華街にも行きませんが、感染経路不明が40人もいることが不安だからです。この不安が解消しないかぎり、いつももやもやとした気持ちで、おそるおそる買い物や病院に出かけて行くのです。 [5557]

7月 3日(金)
東京都は突然の100人超えで、ああやっぱりの感がつよい。人が動くからウイルスも運ばれる。自粛解除で人々は生き生きしてきたが、ウイルスもやっと動けると喜んでいるのかも知れない。夜の街やホストクラブには縁がないからと安心してはいられませんね。人と接触しないこと、それ以外に予防の方法はみつかりません。 [5556]

7月 2日(木)
今回中国は早々に、ブタから感染する新型のインフルエンザウイルスの存在を発表した。新型コロナウイルスの対応が遅れて世界中から批判をあびたからか。よくまあ中国では色々なものが次から次へ発生しますね。また新しいワクチンが必要になるのでしょうか。今年の秋、冬はどう過ごせばいいんでしょう? またステイホームを強いられるのか。    [5555]

7月 1日(水)
今日から7月。いつもとは違う半年が終わり、今年も後半に入った。どんな夏や秋がくるのだろう。参加しているレクダンスのサークルも7月は隔週で2回にし、8月は夏休みにしようということになった。私はコロナより、動かずにいる筋肉の衰えのほうが怖い。今でもやっとこさ踊っているのに、足の筋肉は鍛えるのは気の遠くなるような時間が必要なだが、衰えるのはあっという間。    [5554]

七夕