12月 11日(月)  今日は晴れ  

まだクリスマスには間がある日曜日の昨日、都心の銀座は人でいっぱい。3時過ぎからイベントがあったので、それまでに買い物などの用足しに出かけた。昼過ぎ、軽い昼食をと思ったがデパートのレストランは行列、それに昼には豪華すぎる。手軽な蕎麦やが見つからない。銀座に蕎麦やはないのですかね。 そうだ!スマホに聞いてみようと、"近くの蕎麦屋" 小さな声で聞いてみた。さて、地図は表示されたがイマイチ分からない。近くにいたカップルがやはりスマホで検索しているらしく、" あ、ここは5人待ちだってよ" などと云っていた。せっかくスマホを持っているのだから、あんな風に使いこなせたいね。  【ビル街のクリスマスツリー】     [4695]

12月 10日(日)
水道水がどの程度安全なのかわからないのだが、我が家のキッチンの水道の蛇口にも浄水器がついている。これはレンタルで月に一回とりかえる。いや 正確には4週間に1回。なので毎月交換日が変わる。カレンダーに記しはつけてあるがつい見逃して器具をポストに入れ忘れる。毎月決まった日なら覚えやすいのにね。4週間ごとなら一年に13回集金のチャンスがあるのがねらいだろうか? 長年使っているので無いと不安になるし・・・。    [4694]

12月 9日(土)
サークルのイベントも終わり、アイボのためにせっせと仕事に精を出さなければならないのだが・・・。自分は自分なりに今までの経験から、デザインのレイアウトや色調を考えるのだが、それが依頼主の好のみとことごとく違うのですよ。もちろんこの場合は依頼主の希望通りに作成するのが定石なのだが、それがひそかなストレスになる。黒がいいなぁと思っても緑と云われればそうしなくてはならない。アイボを頭に浮かべてひたすら頑張る日々。    [4693]

12月 8日(金)
昨日は参加しているサークル(レクダンス)の年に一回の発表会でした。自分達の踊る演目が決まってから約半年練習を重ね、発表日前には連日の練習もしました。なのに、皆 当日の本番は思うようにうまく踊れません。終わってからの打ち上げの反省会での話。プロのフィギアスケートの選手だってあんなに練習しても本番の競技で失敗したりする。本番とはそうゆうものなのよ! と云うことで納得、カラオケで憂さを晴らしました。    [4692]

12月 7日(木)
一段と冷え込んだ昨日の朝、すぐ前のご夫婦が "引っ越すことになりました。お世話になりました" と仲良く挨拶に見えた。   お子様はいない40代くらいのご夫婦、以前この欄にも書いたことがあったが、何度も派手な夫婦喧嘩で近所中を驚かせた。しかし新しい住まいへの希望に、二人は嬉々として荷づくりをされ、車で何度も運ばれていた。夫婦ってそんなものなんですね。   前の家は空き家で年を越すのだろうか。        [4691]

12月 6日(水)
友人たちとの会話。"最近のコンビニはいいよね!色々なことで努力しているのがわかる。おにぎりのお米の吟味、小分けしたレトルトのお惣菜の品数も多いし、鶏のむね肉の加工品などは手料理にアレンジ出来るし、何より100円のコーヒーは美味しいよね! 一つ一つドリップして入れてくれるもの" と評判上々。  そう云えば、私がコンビニに行く回数も増えたし、客には高齢者の姿も見受けます。          [4690]

12月 5日(火)
私もどちらかと云うとせっかちな方かもしれない。エレベーターに乗った時、他に乗る人がいないと、すぐ「閉」のボタンが押したくなる。人が大勢乗る時は、「開」のボタンを押してドアが閉まらないように気を使う。この「開、閉」のボタン、実は「閉」の方は、見せかけだと云うのですよ。ただの飾りだと云うのです。真偽は分かりませんが、確かに「閉」のボタンは押しても微妙な間があって閉まる。多分押さなくても同じタイミングで閉まるのだろう。ならば、何のために「閉」ボタンはあるの?!        [4689]

12月 4日(月)
毎年師走恒例のM1グランプリをしっかり見ました。ひとを無理なく笑わせる話術は、たかが漫才と云えど試行錯誤の努力と才能が必要なのだと思いました。後は好のみ問題です。私が選んだ二人は残念ながらグランプリは取れませんでしたけど。面白いけど、声高にきゃんきゃん喋られると疲れるのですよ。話のかけ合いに間があって1拍おいて笑えるのが私の好のみなのです。       [4688]

12月 3日(日)
今年の流行語大賞に「インスタ映え」と「忖度」が選ばれた。この二つは分かりますし、ベスト10のほとんだは、あ〜あれかぁと思いましたが、「35億」というのがさっぱり分かりません。で、ネットで調べました。"ブルゾンちえみ"(私は知りません)というお笑いの言葉で、地球上の男の人数だそうです。それが今年の流行語に選ばれるほど流行ったのでしょうか? ということは、私はそうとう流行からズレている?       [4687]

12月 2日(土)
「平成」の期限が決まった。後1年5カ月。いざ期限をきられたことで、気持ちが引き締まったような感じになったから不思議だ。 名残惜しいような、平成の間にやってしまおうと云う決意や、次の元号への期待など。人生もこうだったらいいのにね!と云ったら、人生はダメよ、次がないもの!と云われてしまいました。色々なことがあった平成だけど、30年なんて、あっという間でしたね。昭和の半分だもの。       [4686]

12月 1日(金)
もう12月 早いですねぇ〜。今年は寒くなるのが早かったせいか、あっと云う間に冬になったような気もします。年賀欠礼のハガキが師走を実感させます。そのハガキも少し前までは、亡くなったのが高齢の祖父母の方だったりしたのが、両親や兄妹になり、中には同級生の本人だったりして、自分の年齢を思い知らされています。来年の年賀状を作って出すのですから、ともかく来年は元気でいようと思います。        [4685]